カレンダー

« 2008年10月14日 »12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008年10月14日アーカイブ

まんぼー

あっ
写真と内容はカンケイありません。
こいつはみやぎけん出張のときに泳いでたまんぼう。
名物らしい。あたし的には海遊館を思い出しました。

●○●○●

で タイトルが気になるところですよね。
リリックってゆうと何やらヒップホップ的ですが違います。

最近休みの日はもっぱらMacとにらめっこという
セレブでサブレな日々を過ごしているわたくしですが
先日、セミナー用に作った曲にギターを入れてくれた仲間に
「お礼にあたしにできることがあればやりますわ」と言うと
「じゃあ歌詞つけてよ」と頼まれまして。

わたくし一応歌詞は書くのですが、
自分が作った曲に、歌いやすいように歌詞をのっける程度で
そんな人様の曲にえらそーに詞をつけるほどのもんでもなく。
ただ、そーいやあたしが一通りCubase使えるようになってから
初めて(もう4年前になるかしら)仲間に頼まれた作業が、
「この曲に歌詞つけて歌入れてくれ」
でした。

その曲自体、あたしのキーに合ってなかったし
しかもアンビエンス的な曲で、あたしの脳内には存在しない
「4度ハモリ」という、非常に困難を極める曲。
特徴的な曲だったので歌詞はスイスイ書けたものの
ボーカル志望じゃないから歌録りは初めてのことで、
ボーカルレコーディングってどうしたらいいのか何もわからないまま
とにかく録ってみましたという状態。
...今改めて聴くと、なんじゃこりゃとしか言いようが無い出来Σ(゚Д゚ノ)ノ
その頃はテイク録りもできなかったしメロダインも無かったし(ノ∀`●)

でも、それが初めての「依頼」でした。
思いのまま書いた歌詞を気に入ってもらえて嬉しかった気がする。
初めての依頼により完成した曲は、今でも大切な曲です。

●○●○●

で 今回久々に、仲間の曲に歌詞をつけるってことで
どうせ歌詞書くときって歌いながらなので、「ついでに仮歌歌いますわ」と
自ら「歌詞つけて歌入れる」ことにしまして。

なんか、自分が作る曲と違ってシンプルで素直な曲だったので
普段は書かないような、ストレートな歌詞にしました。
曲自体にコンセプトとかがあったわけではなく、仲間同士のコラボ企画だったため
曲を聴いた感じからテーマを自分なりに勝手に決めて
それに沿って書いたんですが...
もう、自分の恋愛観をそのまま書いちゃったので
依頼主(曲のアレンジ担当)に「わからん」と言われたΣ(゚Д゚ノ)ノ
いやぁ、あたし基本、辛い恋愛ばっかりしてしまうので(´;ω;`)
(最近ココロにストライクだった歌詞→aiko「秘密」

しかも今回、あたしが歌詞つけて歌うってのも思いつきだったので
やはりキーが合ってないためあまり感情を入れることができず、
テイク録りもあまりやらずに、まぁ参考程度に...という出来になったのですが、
それでもやっぱり歌入れるとちゃんと曲ってかんじになりますねぇ。
また時間つくって、シンガーリリックライターやる予定。調子乗ってます( *´艸`)


作業工程は、
--------------------------------
●曲のSMFとオケのツーミックス(メロディ無し)をもらう
→Cubaseに貼り付けてメロのMIDIデータだけ抜き出し、ソフトシンセで鳴らす
→それをオケと一緒にループ再生させながら歌詞を書く
→メロをスコア表示して、それを見ながらオケ流しながら歌録り
→メロを勝手にハモってコーラスパート録り(LR用に2本録る)←1番楽しい
→良いテイク選んでメロダインかける←歌録りよりこの作業の方が時間かかる
--------------------------------
ってかんじ。4年前と変わったのは、最後の2行が加わったくらいですかね。
マイクもいまだにごっぱ(SHURE SM58LCE)やし...Σ(゚Д゚ノ)ノ
ごっぱ合ってるので、安物のコンデンサ買うよりよっぽどいいんですが
いいかげん良いやつ買えってかんじですよね...
誰かクリスマスプレゼントとかでくれんかなぁ(・ω・;)

それにしても、歌詞を書くたんびに思う
「カンタンな英会話くらいは勉強しとかにゃ」という反省...
いいかげん始めなきゃなぁ...(・ω・;)


あ、曲は自分のじゃないので載せませんが、
歌詞は載せてみます。恥ずかしいのでフォントカラーがグレーですが(´∀`;●)

このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月 2日です。

次のアーカイブは2008年10月15日です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。